底地のお悩み解決しましょう!~共同売却


前回は、「底地を第三者に売る」方法についてお話ししました。
早く底地を売りたい方は、こちらの解決方法をとるべきでしょう。
ただ、まだ、「売る」という解決方法はもう一つあります。
それは、「底地と借地権の共同売却」です。

■タイミングが鍵!「底地と借地権の共同売却」でwin-winの関係に!

借地人と協力して底地と借地権を併せて第三者に売る方法です。

底地だけを売る場合、不完全所有権であるため、取引がされませんし、収益性も低いため、売ることが難しかったです。
一方で、底地と借地権を併せて売る場合は、買う側にとっては、完全所有権の土地を買うことと同じことなので、底地だけの売却価格よりも高く売ることができます。

したがって、不動産業者はもちろん、一般の人にも売ることができるようになるのです。

ただ、借地権、底地の割合について、地主と借地人の間でもめることが多いです。
更新時期などに、借地人と交渉すれば、地主、借地人ともにメリットが得られるので、タイミングが一番重要だということが分かります。

■まとめ

・メリット

高く売ることができる

・デメリット

価格調整や権利調整が難しい
タイミングが合わなければ売ることはできない
借地人の同意が必要

いかがでしたでしょうか。
借地人と交渉ができる良い関係であり、借地人が建て替えや転居を考えているのであれば、「底地と借地権の共同売却」がベスト解決方法だと言えますね。