借地人との人間関係が良い方!あなたに適している解決方法は!?


「借地人とは仲が良い」
「底地の売却価格をもう少し上げることができないのか」
このような悩みを持っている方は多いと思います。
そこで、あなたに最も適している解決方法をご紹介しますね。

■借地人と仲が良いのであれば、共同売却を検討しよう!

借地人と仲が良いということは、借地人と協力することができるほどの人間関係を築けているということになります。
そんなあなたは、「底地と借地権の共同売却」をすることができるでしょう。

共同売却というのは、借地人と協力して底地と借地権を併せて第三者に売る方法になります。

底地だけで売る場合、収益性が低いため、なかなか買おうと思われないですし、さらに、不完全所有権であるため、そもそも取引がされにくいです。

一方で、底地と借地権を併せて売る場合は、買う側にとっては、完全所有権の土地を買うことと同じことなので、高く売ることができます。

ただ、借地権と底地の割合について、借地人ともめることが少なくありません。
やはり、共同売却で重要になってくるのは、借地人との人間関係であり、それに基づいたコミュニケーションも不可欠になってきます。

いかがでしたでしょうか。
借地人との人間関係が良くて、売却価格に不満を持っている方に「共同売却」はオススメです。
完全所有権の土地を売ることと同じなので、不動産会社をはじめとした第三者に買い取ってくれるでしょう。