紛らわしい!借地権の種類!


「借地権って結局なんなの?」
多くの方がこのように感じていると思います。
たしかに、現状では、新法と旧法が混ざっているので、何が借地権なのか分かりにくいですよね。
そこで、今回は、借地権の種類についてお話しします。

■旧法借地権(借地法)

「一度貸したら土地の返還ができない」とよく言われます。
というのも、借地権設定が存続年数30年、そして、更新期間20年で、正当な理由がなければ地主が契約更新を拒むことができないからです。
つまり、旧法借地権は、借地人の権利が強いのです。

■新法借地権(借地借家法)

借地借家法で契約を結ぶ借地権です。
新法借地権は、主に以下の2つの種類に分けられます。

・普通借地権

旧法借地権と似ています。
しかし、存続年数が30年以上で、更新期間は、1回目20年以上、2回目以降10年以上となっています。

・定期借地権

原則的に更新ができません。
したがって、期間が過ぎれば、土地の返還がされます。
ただ、存続年数が50年と定められて、旧法借地権と普通借地権と比べて、契約期間が長くなっております。
地主側から見れば、財産の管理がしやすいので、借地人ともめることも少ないです。

いかがでしたでしょうか。
定期借地権になることで、従来のような、借地人とのもめごとが少なくなります。
今回の記事が少しでも参考になれば幸いです。