底地所有者も必見!借地権を相続した場合の選択肢Part1


底地や借地権は、自身が望む、望まざるに関わらずに相続する場合があります。いきなり土地を所有してしまっても、土地の利用に関する知識もありませんし、有効に利用する方法もうまく売却する方法もなかなか自分だけではわからない方も多いはずです。そこで今回は借地権を相続した場合の選択肢についてご紹介していこうと思います。

■売却・譲渡せずにそのまま利用する
今の自宅に不満のある方は、一度相続した借地権を自分のために利用する方法を考えましょう。借地権の売却には、めんどうな手続きも必要になるので、自分で利用できる場合はその選択肢をオススメします。この場合は、①借地権のみ利用 ②底地を購入し、土地所有者となって利用する、の2つの選択肢があります。

■売却して収益を得る
借地権を自分で利用する方法が思いつかない場合は、借地権は売却してお金にしてしまいましょう。もし、売却益をすぐに得る必要がない場合は、③地主さんと共同で売却する、をオススメします。前回の記事で説明したとおり、基本的に借地権はそれ単独では価値が下がってしまいます。もし、時間がない場合は、④借地権を地主さんに売却する、をオススメします。これだと、借地権を正当な価値で売却することができます。さらに、それでも地主さんが借地権の購入を渋った場合は、⑤借地権を単独で第三者に売却する、しかありません。これは、考え得る上であまりオススメできない選択肢です。借地権を正当な価値で売却できる可能性は低いつもりで手放さなければなりません。

いかがでしょうか?底地や借地権の取引は、一般人だけではできません。なにかお困りなことがあれば、ぜひクマシュー工務店までご連絡ください。