底地所有者の方も必見!借地権を相続した場合の選択肢Part3


前回は、借地権を相続した場合の各選択肢のメリット・デメリットについて詳しくご説明させていただきました。今回も引き続き、残りの選択肢のメリット・デメリットについてご紹介していこうと思います。

■④借地権を地主さんに売却する場合
これは、実現すれば、最も利益が出る可能性が高い選択肢です。借地権の価値が、その人にとって最も高いのは地主さんなので、地主さんが購入すれば、その土地の完全所有者になりますし、地主さん側にとってもメリットになる可能性が高いです。ただ、これを実現するには、底地所有者側に買い取り資金があり、かつ買い取り意思が必要になってくるので、ハードルが高い選択肢とも言えます。また、交渉も必要になってくるので、売却が完了するまでに時間がかかります。

■⑤第三者に借地権のみ売却する
これは、売却の選択肢の内で、最もスムーズに進行するケースです。第三者に売却するのには、特にこれといった交渉も必要ありませんし、短期間で取引が成立します。ただ、これもやはり地主さんの許可が必要になりますし、なにより借地権の正当な価値で売却する事が困難になるため、売却益は最も低くなります。

借地権は簡単に処理することはできませんが、れっきとした財産の一つです。うまく利用して、できるだけ多くの利益を得たいものですね。ささいなことでも、なにか困っていることがあれば、どうぞお気軽にクマシュー工務店までご連絡ください。