底地の売却と借地権の売却の違い


底地と借地権は、法律的にも複雑な問題であり、売却に際してはトラブルになることもあります。また、その売却に際しても、微妙に手続きの手順が異なります。そこで、今回は底地と借地権の売却方法の違いについてご紹介致します。

■借地権を売却する場合
借地権は、その土地がある上で認められる権利です。そのため、借地権を売却する際には、地主さん、つまり底地所有者の同意が必ず必要になります。もし仮に、地主さんの許可なしに売却した場合には、その土地の借地権そのものが失われてしまう可能性もあります。もし仮に、地主さんとの関係性が良くなく、売却の許可が下りなかった場合は、借地権の譲渡の許可を裁判所に求めることもできるので、後々に損をしないように、しっかりとなんらかの許可を取った上で売却するようにしましょう。

■底地を売却する場合
底地を売却する際には、借地人の特別な許可は必要ありません。ただ、借地人が認知しないなかで底地を売却してしまっては、後々問題に発展しかねないので、底地を売却した旨はしっかりと借地人に伝えてあげるようにしましょう。

底地と借地権の売却は複雑な問題にも発展しかねません。できるだけ専門業者のお願いして、委託するようにしましょう。