底地に関連する借地権の要件とは?


前回は、底地と対をなす借地権についてご説明させていただきました。そこで、借地権とは、通常は建物を賃借する権利である賃借権である場合がほとんどであることをご紹介させていただきました。

そこで、今回は、この『賃借権』についてより深くご紹介していこうと思います。

一般的に、借地権とは賃借権のことを指す場合がほとんどであり、この賃借権には大きく分けて3つの要項が記載されています。以下が賃借権の要項です。

1. 建物の所有を目的としたもの
2. 土地の賃貸借契約を締結できること
3. その土地を有償で利用できること

1に関しては、建物の所有を目的としたものなので、駐車場のなどは建物の利用を目的としていないので、借地権には当てはまりません。

2,3に関しては、賃貸借契約を締結していること、有償で利用していることが条件なので、他人の建物を無償で利用している場合には、借地権には当てはまりません。

このような要項を満たしている場合、借地権が発生しますが、借地権の相続や譲渡には税金が発生し、相続税や贈与税の課税対象になります。また、地上権とは異なり、賃借権の場合は、第三者に譲渡する場合に、底地の所有者である地主さんに許可をとる義務が発生します。

一口に借地権といっても、権利が発生するには満たさなければいけない要項が複数あります。

底地やその土地の賃借権でお悩みの方は、ぜひお気軽にクマシュー工務店までご相談ください。