底地所有者の方も必見!相続した借地権を売却する際に注意するべきこと


借地権が相続された際に、相続人の方にはすでにある程度生活が成り立っており、借地権を利用する意思がないため、借地権を売却したと考える方もいます。しかし、借地権の売却の際には、地主さんの許可が必要になり、トラブルが発生する場合があります。

このようなことがないためにも、今回は相続した借地権を売却する際に注意するべきことについてご紹介致します。

■借地権の売却承諾を得る場合
基本的に、相続した借地権は、第三者に売却することも、賃貸にしておくことも可能です。賃貸にする場合には、特に地主さんの許可は必要ないのですが、第三者に売却する場合には、必ず地主さんに許可を得る必要があります。ここで、地主さんの許可なく、借地権を譲渡した場合には、賃貸借契約を解除される恐れもなるので、借地権売却に際しては、必ず地主さんの許可をとるようにしましょう。なお、その際に地主さんに承諾料を支払わなければならないのですが、承諾料の相場は売却益の約10%と言われています。

■地主さんが売却を許可しない場合
地主さんが、借地権の売却を許可しない場合には、借地非訟手続によって、裁判所に地主さんにかわって借地権の譲渡を求める裁判を起こすことができます。この場合、譲渡される側の地代の支払い能力や、その他事情などを考慮して、裁判所が売却を許可するかどうかを決定します。

裁判所への申請は、地主さんと折り合いがつかない場合の最終手段です。

もし、売却にあたりトラブルが生じた際には、一度クマシュー工務店にご相談ください。