底地所有者の方の必見!借地権割合と路線価とは?


以前にもご説明したように、土地の権利というのは、土地の所有権である「底地」と、土地の利用権である「借地権」に分かれています。これは、土地の価値を決める上でも重要なことで、底地と借地権の所有者が異なる場合、土地の価値も分割されます。この土地の価値の分割割合を決定するのが、借地権割合と路線価です。

今回は、借地権割合と路線価についてご紹介していこうと思います。

■借地権割合について
地主さんから土地を有償で借り、そこに建物を建てた場合、そこで借地権が発生します。借地権は土地を利用することのできる権利ですが、土地の評価額は、地主さんの持っている土地に対する権利である底地と借地権を合計した額になっています。そのため、相続や譲渡の際には、課税対象となるため、借地権の価値を正しく知っておく必要があります。そこで利用するのが、借地権割合です。実は、借地権割合は国で定められており、国税局のHPで閲覧することができます。一般的に地価が高いところでは、借地権割合も大きくなる傾向にあります。

■路線価について
路線価とは、市街地形態を形成する地域の路線図に面する宅地の一定面積当たりの評価額のことです。要するに、土地の価格を決定する指標のようなものです。こちらも国税局のHPに地域ごとに掲載されています。

借地権の評価額は自用地としての評価額に借地権割合をかけることで算出できます。自身の持つ権利である借地権の価値は、自身でしっかりと把握しておくようにしましょう。