底地所有者の方も必見!借地権の価格はどのように決定するのか?


前回ご説明させていただいた路線図や借地権割合は、あくまで相続税や譲与税を決定するための評価額にあたるので、実際の市場での評価額ではありません。実際の市場では、一般人の方が底地や借地権を単独で取引するケースは稀であり、地主さんと共同で売却したり、不動産会社に売却したりします。

そこで、今回は借地権の実際の評価額がどのように決定するかについてご説明致します。

前回もご紹介致しましたが、底地と借地権についてはコーヒーカップとソーサーで例えるとわかりやすいです。例に挙げたものと同様に、底地と借地権も二つ揃って始めて価値を発揮します。そのため、仮に底地だけを売却したり、借地権だけを不動産に売却しても、その本来の価値以下の金額で買い叩かれる場合が多いのです。

底地だけでは、土地の利用権はありませんし、借地権だけでは、建て替えや権利自体の売却をする場合に、底地の所有者に許可をとらなければなりません。このように、底地と借地権単独での売却では、正当に価値を評価していただけない場合が多いです。状況や場合にもよりますが、土地全体の価値が1億円で、借地権割合が60%の土地があるとします。この場合、底地は4000万円、借地権は6000万円が本来の価値になりますが、それぞれを単独で売却すると、底地は2000万円、借地権は4500万円といった風にその価値は大きく下がってしまいます。

底地や借地権の売却は、急ぐ必要がなければ、それぞれの権利の所有者としっかりと話し合った上で売却することをオススメします。

売却についてのお悩みがあれば、ぜひお気軽にクマシュー工務店までご相談ください。