知っていますか? 再建築不可物件


再建築可能にする方法についてご紹介します。「自分の物件でもう再建築できない…」とがっかりしていたあなたは、ぜひチェックしてください。

・セットバックすれば家を建てられる。
例えばあなたの物件が接しているのが幅4m以下の道路である場合、自分の物件を少し道路から遠ざけて建築する、という手法があります。こうすることで、物件と道路の間のスペースまでが道路と換算されます。
道路幅4m以上の道路に接する義務というのはつまり、物件が道路の中心軸から2m以上離れることを意味しているので、物件を後ろにずらすことで、この2mを確保することができるのです。

・道路の反対側が川や崖でも、セットバックで解決可能なことも。
例えば自分の物件から道路を挟んだ向かいが川や崖で、道路の幅を広げられない場合もありますよね。この場合は、向かい側の道路境界線から4m以上離れたところまで物件をセットバックすれば、物件を建築することが可能になるんです。

いかがでしたか?
今まで3回に渡って、再建築不可物件についてお伝えしてきました。厄介な再建築不可物件ですが、重要なのは仕組みを理解することです。最悪、土地を売ることも視野にいれてもいいでしょう。

もし、再建築不可物件の底地売却にお悩みの際は、ぜひ一度弊社にご相談ください。