借地人とのトラブルにサヨナラ!言いにくいことを伝える方法Part4


「向こうもこんなこと言われるのは嫌だろうけど、地主として伝えないといけない…」

そんなことって、ありますよね。
今回も、借地人さんに言いにくいことを伝える方法についてご紹介していきます。

■親しいからこそ言いづらい
地主と借地人は知り合ってから長い場合も多く、良い人間関係を築いているからこそ伝えにくいこと、というものがありますよね。
ちょっと注意したところで、「そんなこと今まで言わなかったでしょ」「ちょっとくらいいいじゃないか」なんて言われてしまっては、タジタジになってしまいます。
そんなときは、魔法のフレーズを使うことで、劇的に伝えやすくなるかもしれません。

■「あなたを信頼しているからこそ言うのですが…」
例えば地代を早く払ってほしいときに、
「長年の仲の〇〇さんを信頼しているからこそ言うのですが…」
借地権を相続したばかりの人にも、
「〇〇さんのご子息として信頼しているからこそ言うのですが…」
こんなふうに、言いにくいことをやわらかく伝えることができるのです!

■信頼されていると思ってもらう
いつだって、人は指摘をされるのはいやなものです。
しかし、厳しい指摘や難しいことでも、「信頼しているからこそお願いしたい」と言われれば、受け入れやすくなります。
信頼しているということをきちんと伝えたうえで、だからこそこうしてほしい、と伝えるようにしましょう。

いかがでしたか?
次回も、言いにくいことを伝えるためのとっておきのフレーズを、ご紹介します!