底地の歴史 中編


前回に引き続き、今回も底地の歴史についてお話ししようと思います。

大正10年に初めて借地に関する法律である借地法が制定されました。前回、借地権者が声を上げられるように建物保護法が制定されたといいましたが、あくまで建物保護を定めた法律であり、借主の保護を訴えていたわけではないため、貸主の方が力があったのです。
そして、日中戦争が発生したことで、人口はさらに都心部へと流入していくことになります。それに伴い土地価格は上昇し、空き室率も低下していきました。
ついに政府も動き出し、地代や家賃の高騰を防ぐために統制にかかったのです。賃料を政府にコントロールされたことで、上昇する土地価格に対して適切な賃料を徴収することができなくなった家主は、借主に対し立ち退きを迫ることが多くなりました。
そこで、明治16年に借地法と借家法が改正されます。この改正で、明渡しに正当な理由を添えることが必要になり、社会問題になりつつあった立ち退きを抑制する動きが出てきたのです。

いかがでしたか?
昔は借地や借家に対する需要は飽和状態にあり、強制立ち退きが社会問題となっていたのですね。次回は、この続きの歴史に関してお話ししようと思います。お楽しみに!