底地は誰に売ればいいの??売買の良しあし


「管理も煩雑だし、底地を売却したい」とお考えの方も多くいらっしゃるかと思います。
「でも、誰に売るのがいいの??」そんな方に今回は、借地を売却する相手にはどんなタイプがあるのかをご紹介します。

■借地権者
借地権を持つ借地権者さん自身に売却する場合です。
次のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>
・高く売却できる可能性がある
・借地権者さんにとっては完全所有権になる

<デメリット>
・交渉に時間が掛かり、難航する可能性がある
■投資家
全くの第三者に売る場合です。地代収入の安定性を求めて底地を利回り商品と見るのがこのタイプの特徴です。以下のようなメリット・デメリットがあります。

<メリット>
・保有を目的とするため借地権者さんと軋轢が少ない

<デメリット>
・立地がいいなどある程度投資先としての長所が求められる
■底地専門の不動産会社
全くの第三者である、底地の権利調整を業務とする企業に売却する場合です。
以下のような特徴があります。

<メリット>
・一括して大規模な底地を売却できる

<デメリット>
・慎重に不動産会社の見極めに取り組む必要がある。
いかがでしたでしょうか。
買い手によって様々な特徴を持つのですね。
メリット・デメリットをきちんと把握した上で適切な買い手に売却していくことを心掛けましょう。