量を減らしたい!底地の整理方法とは


借地権者が多ければ多いほど管理が難しい底地。
「土地賃貸借契約書が紛失している」「地代の滞納など管理が面倒」などお困りの方も多くいらっしゃるかと思います。
今回は底地の整理方法についてご紹介します。

■底地を売却する
底地を整理する最も簡単な方法がその土地を売却してしまうことです。
方法としては大きく二つあります。一つが借地権者さんに売却すること、もう一方が不動産会社などの第三者に売却する方法です。

■底地を譲渡する
あまりとられる方法ではありませんが、土地を無償で誰かに譲渡する、という方法もあります。
手元には一戦も残らないので、しっかり吟味した上での判断が必要です。

■借地権を買い戻し所有権化
もう一つの方法として、借地権の買戻しがあります。借地権者の中には、借地権を買い取ってほしいという方もいらっしゃるほどです。
地主が借地権を買い戻せば、完全な所有権になります。自身の所有物となるので、新たに収益不動産を建てたり、自由に売却したりと運用の幅が格段に広がります。
多額の支出を避けるために底地を上手く売却して、借地権買戻し用の資金を企てることが重要です。

いかがでしたでしょうか。
底地を整理する方法にも様々あることがお分かりいただけたと思います。

それぞれの特徴を踏まえ、底地を整理していきたいですね。