底地問題のトラブル事例


底地問題では、人間関係は大変ややこしく、同意を貰ううえでの懸念点になります。底地に関するトラブルはつきものでもあります。そこで今回は底地問題に関するよくあるトラブルをお伝えしたいと思います!
・ 借地人が地主の承諾なしで借地権と建物を他人(第三者)への売却した!
原則は、借地にある建物を売却する場合、地主の承諾が必要です。ですが、地主に譲渡を認めてもらえない場合は、地主の承諾に変わる裁判を申し立てが可能です。

・ 底地の地代を上げたい!
経済変動による地価の変化や、近くの土地と地代の差があるなどの事態には、借地人に対して将来的な地代の増減を請求することができます。

・ 隣との境界線がわからない!
土地を貸そうと思っていても、自分の土地がどこまでかわからないです。
お互いの意見もあり、どちらも一歩も譲りません。
その事態には、境界確定訴訟を提起することもできますが、それには費用がかかってしまいます。そこで、第三者として工務店が売却の交渉を行うこともできます。
いかがでしたか?底地や借地の問題は金銭も関わるので、個人で解決することは大変です。もし、底地に関するお悩みがございましたらクマシュー工務店へご相談ください!