底地のメリット


底地と聞くとトラブル、争続などマイナスなイメージを抱く方も多いかと思います。
しかし、底地にもしっかり良いところがあります。
今回はそんな底地のメリットについてご紹介します。

■安定性
底地には引き継いだ場合は必ず借地権者がいるので、自ら賃貸を募集する必要がありません。
空き部屋が出来るリスクがかなり低いので安定して地代収入を得ることが出来ます。

■メンテナンスがいらない
基本的に建築物の管理は借地権者になるので、屋根塗装、外壁塗装など建物にかかるメンテナンス費用が必要ありません。管理の面で少しわずらわしさが緩和されますね

■一時金をもらえる
借地権者が借地権を売却したり、借地更新を行う際に、承諾料や更新料が支払われる場合があります。しかも、これらの料金は習慣的に支払わることが多いです。借地権者との合意形成が原則なので条件による違いはありますが、100万円単位の収入があります。

いかがでしたでしょうか。
自分の土地ではない、と言う点が生むメリットが非常に多いのですね。
メリットを把握して底地管理に臨みましょう。