底地のデメリット


底地を所有している場合、
地代収入が安定する、メンテナンスを借地権者が行ってくれるなどメリットがありますが、
反対にデメリットも多く存在します。

今回は、そんな底地のデメリットについてご紹介します。

■収益性に欠ける
初期費用がかからないというメリットを持つ底地ですが、管理コストがかるアパート賃貸と比べて収益性に乏しく、賃料収入が落ちます。ローリスクローリターンというわけですね。

■自己使用不可
自分の土地であるけれども、借地権者さんが建物を建てて使っているので、自分のものとして使用することは出来ません。

■市場に流通していない
市場流通性が極めて低いです。なぜなら更地の不動産等と比べて土地に権利が付着している購入者が少ないからです。購入者は借地権者であったり底地専門の不動産会社であることが多く、そのためすぐに売却するのが難しい換金性の低い資産と言えます。
いかがでしたでしょうか。
底地はトラブルに繋がるケースも多くあるので、メリット・デメリットをきちんと把握して底地を管理していきましょう。