賃借権と地上権の違いとは?


借地権とは、建物を利用するなどを目的に他者が所有する土地を地代を払って借りることができる権利のことです。そんな借地権の中には、賃借権と地上権というものがあります。まぎらわしいこの二つの違いについて、今回はお話ししようと思います。

・賃借権
土地の借主には債務がありと貸主には債権があるという関係が成り立っています。ですので、借主が土地を扱ううえで地主の承認が必要になるのです。つまり、貸主の承諾を得たうえで土地を使える権利のことなのです。例えば、借主が借地権を別の誰かに譲渡したり建物の建て替えを行う際には承諾料等を支払う必要があります。現在の借地権においてこの賃借権が多くを占めると言われています。

・地上権
この地上権というのは地主の承諾を得ることなく土地を利用できる権利です。ですので、賃借権と比べると借主が強い力を持ちます。借地権の譲渡や建て替えの際にも地主の承諾は必要なく、借地人の意思で自由に行うことができます。

いかがでしたでしょうか?
賃借権と地上権の違いは分かりましたか?
先述した通り、現在の物件のほとんどは賃借権が設定されているので、賃借権に関してよく知っておくとよいでしょう。