底付きとは?底なしとは?


底地とは、借主は借地権などの諸権利を得ることで住宅などを建てることができ、貸主は賃料を受け取れる土地のことでしたよね。普段底地に触れない方々にとって、底地に関する諸事情は複雑で、聞きなれない単語ばかりが並んでいるように感じることが多いかと思います。そのような方々が底地について少しでも理解していただければと思い、当ブログで底地に関する用語なども紹介していけたらと思っております。
今回は、「底付き」と「底なし」についてご説明いたします。

まず、底地の所有権のことを底地権と呼びます。この底地権は、土地を借りてそこに自己所有の建物を建てられる借地権とは別物です。ですので、借地権を譲渡するようなときに、底地権と一緒に譲渡するのか、それとも底地権なしで譲渡するのかという違いが発生するのです。借地権等を底地権と一緒に譲渡することは「底付き」と呼びます。一方、底地権なしで借地権等のみを譲渡するのは「底なし」と呼ぶのです。

いかがでしたでしょうか?
「底付き」と「底なし」の違いを分かっていただけたでしょうか?
底地に関することの中には複雑なものがたくさんあります。ですので、分からないことがあればプロに頼るのが一つの手段です。ぜひ底地に関する質問等ございましたら、弊社にお気軽にお尋ねください。