「底地」と「借地」のちがいとは?


底地問題では、人間関係は大変ややこしく、同意を貰ううえでの懸念点になります。人間関係を築き、交渉で同意を得るにはやはり基礎知識の重要性は高いです。そこで今回は底地問題で知っておくべき知識の一つである「借地」と「底地」の違いと、「底地」の価値について解説します!
・低地と借地
1. 底地とは
底地とは、借地権の着いた土地です。
土地の所有者が第三者に土地を貸し、地代収入を得る土地所有権のことです。

2. 借地とは
正式には「借地権」という。建物を土地に建てる際に借りている人の権利。
つまり、建物を建てるための土地の利用権です。

2つの違いを簡単に言うと、「土地」(底地)とその「土地の建物の権利」(借地)の違いです。

・ 底地の価値
借地権所有者の建物が存在していれば、底地を手に入れたとしても、その土地を利用できません。そして地代は高くなく、収益もあまり期待できないといえるでしょう。
また、底地を購入するメリットの低さから、底地を売却することも難しいといえますね。
いかがでしたか?
底地と借地の違いがお分かりいただけたかと思います。クマシュー工務店は底地に関する相談に乗らせていただいています。
底地でお悩みの方は、ぜひクマシュー工務店にご相談ください。