借地権の流動性について


底地とは、借主は借地権などの諸権利を得ることで住宅などを建てることができ、貸主は賃料を受け取れる土地のことでしたよね。少し複雑なこの底地に関する諸事情ですが、今回は借地権の流動性についてお話ししようと思います。

まず端的に言うと、借地権の流動性は悪いです。底地のメリットやデメリットを挙げるときに、この流動性の悪さは必ず出てくるでしょう。例えば、借地権付きの住宅を購入したとしましょう。それは土地も家も同じ所有者のパターンとは異なり、土地の所有者が別にいます。そうなると、住宅ローンの仕組みが一般的な住宅と比較しても分かりにくくなってしまうのです。それを鑑みて購入しづらいと感じてしまう方々は実際にいます。購入するのが難しければ、売却するのも当然難しくなりますよね。こういったことから、借地権は流動性が悪いといえます。

いかがでしたでしょうか?
借地権付きの住宅を購入する際はよく調べ考えることが求められます。しかし、普段そういった土地に触れていなければ、その手の知識がないのは当然です。ですので、分からないことがあればプロに聞くようにしましょう。
底地に関して分からないことがあればぜひ弊社にお尋ねください。