底地購入に際してのポイント


当サイトをご覧の方の中には、底地のご購入をお考えの方もいらっしゃるかと思います。
しかし、底地の問題点を理解しきらずに購入に踏み切る方が多くいらっしゃるのが現状です。
今回は、底地の問題点についてご紹介します。

■管理が大変
土地の賃貸借契約を一度結ぶと、地主と借地権者として長いお付き合いをすることが強いられます。
しかし、両者は相反する利害関係のもと行動するので、仲良く管理していくことは非常に難しいです。

■収益性が低いのに相続時には高く評価される
底地は地代収入が家賃収入に比べて安いため、アパート等の不動産と比べて収益性が低いです。
そのくせ相続税法上、底地は減額要因として取扱われるわけではないので、相続税が収益を上回ってしまう、なんてこともあり得るのです。

■売却が困難
いざ、底地を売却して現金化したいと思っても、売る相手は借地人か底地買取専門の不動産業者に限られてしまいます。

いかがでしょうか。
底地には思った以上に多くの問題点が存在するのですね。
こうした問題点をきちんと把握した上で納得のいく土地売買を心掛けましょう!