底地を手放すには??贈与と売却の違い


借地権者が多ければ多いほど管理が難しい底地。
「いっそのこと底地を手放そう!」と考えたときに贈与と売却、どちらの方が負担は少ないのでしょうか。
今回は両者の違いについて見ていきましょう!

■贈与
土地を無償で誰かに譲渡贈与する方法があります。
手元には一戦も残らないので、しっかり吟味した上での判断が必要です。
贈与する際の税金はもらう側にかかるので、こちらが支払う心配はいりません。

■売却
他社に自分の持つ底地を売る方法です。
方法としては大きく二つあり、一つが借地権者さんに売却すること、もう一方が不動産会社などの第三者に売却する方法です。

■借地権を買い戻し所有権化
もう一つの方法として、借地権の買戻しがあります。
地主が借地権を買い戻せば、完全な所有権になります。自身の所有物となるので、新たに収益不動産を建てたり、自由に売却したりと運用の幅が格段に広がるのです。

もちろん、その土地の固定資産税の評価額や面積、借地権の割合によって金額等は前後しますが、基本的には売却の方が税金の負担が少なくなるようです。
底地を手放す際には是非とも参照していただければと思います。