底地売買のよしあし-第三者編-


底地を売却する先として、借地権を持つ借地権者と全くの第三者の2パターンが考えられます。
前回は借地権者さんに売却する際のメリットとデメリットについて見てきました。

今回は全くの第三者に売却する場合に焦点を当て、その特徴をご紹介します。

■不動産会社
底地を買い取ってくれる第三者に大きく分けて、底地専門の不動産会社と投資家の2タイプが存在します。
不動産会社に売却する際には、「一括で大規模に売却できる」というメリットがあります。
借地権者さんに売却する場合と違い、複雑な交渉を必要としないため面倒な手間がかかりません。
また一括して全ての底地を売却できるため、底地管理から解放されます。

■投資家
投資家とは、底地を地代収入の良い利回り商品であると考えている人たちのことを指します。
彼らは利益を求めるためある程度の立地などが求められますが、不動産会社と同じく借地権者さんとの軋轢を少なく済ますことが出来ます。

両者ともデメリットとされるのが、
借地権者さんに売却する場合よりも安価になるケースが多いと言う点です。
第三者に売却する場合は、底地としてのデメリットが考慮されるため、あまり高額では売却しにくいと言えます。

いかがでしょうか。
手間をかけずに今すぐにでも底地管理から解放されたい!という方は第三者に売却するのが最適かもしれませんね。
特徴をきちんと把握し、最適な底地売却を行っていきましょう。