あなたは大丈夫!?底地の契約整理


地主さんの中には、
「底地を引き継ぐことになったが、急な相続だった」という方や、
「地代収入はあるが、どのような契約だったか未整理のままだ」といった方も多くいらっしゃると思います。
契約関係の未整備はよく起こることですが、今後引き継ぐ方が困難になる場合が多いので解決する必要があります。
今回はそんな底地の契約を整理する方法をご紹介します。

■未整備の借地契約
底地借地は人間関係が影響を与える部分が大きいです。
そのため、「この土地貸すよ」と地主さんに言われたが、契約書など書面に残る形で契約事項を残していないということが多くあります。
人の記憶は非常に都合のよいもので、相手に悪気がなくとも、時間がたつごとに自身が取り返しもつかないような不当な契約に解釈されてしまう場合もあります。
そんな事態を回避するために、気付いた時点で新たに契約書を作成するのがよいでしょう。

■借地権者の把握
年の貸し借りは知り合いや仲の良い友人同士で行われていることが多く、詳細な取り決めまで行っていないケースが目立ちます。
後になって、「話が違う」と複数の借地権者さんと問題になることも少なくないので、借地権者さんが誰であるかをきちんと把握しておきましょう

■不明確な借地面積
測量技術は日々発展しているため、昔は20坪だった土地が、現在は23坪だというケースも多く存在します。借地面積が大きいほど地代がもらえることが多いので、現代の技術でしっかり調査しておくとよいでしょう。

いかがでしょうか。
契約関係を整理するには意外と簡単な方法があることがお分かりいただけたと思います。

トラブルになる前にきちんと整理しましょう。