物件を売る時に注意すべきことpart1


みなさん、こんにちは。
この記事を見てくださっている方はおそらく物件を売却することをお考えではないかと思います。
今回は物件を売る際に気を付けるべきことについてお伝えしていきたいと思います。

・現況と登記内容で異なる場合がある

特に多いのが土地の面積で、実際の面積と登記された面積が異なっている場合があります。
そうなってくると確実にトラブルになってきます。正確な面積は測量しないと分からないので、とりあえず法務局で地図を受け取り明らかに現況と異なっていないか確認しておいてください。

・購入時と法律が異なっている場合がある

建築物の法律である建築基準法はたびたび改正が行われています。
法律の施行前から建っていた建築物に関しては法律が変わっても問題ないのですが、一度取り壊してしまうと現行の法律でしか適用できなくなります。
現行の法律を適用すると以前より小さいものしか建てられなくなる可能性もあるので気を付けましょう。
 
 
いかがでしたか?
これらのことを知っていないとのちにトラブルになってしまうので、知っておきましょう。
まだまだ他にも物件を売る時に注意すべきことはあるのでまた別の記事でお伝えしていきたいと思います。