物件を売る時に気を付けるべきことにpart4


みなさん、こんにちは。ついにこのシリーズも4回目となりました。
今回ですけども物件を売る時に気を付けるべきことについて書いていくのですが、特に売却の際にかかる費用についてお伝えしていきたいと思います。

・仲介手数料

基本的に不動産会社に支払うお金はこの仲介手数料のみとなります。売買契約が成立した際に仲介手数料は発生してきます。
仲介手数料の上限は宅地建物取引業法によって定められており、売却価格によって異なるのですが400万円を超える場合は以下の式になります。
 
仲介手数料=売却価格×3%+6万円
となってきます。
 
ここからはその他にかかる費用について書いていきます。

・印紙税

必ず納付する税金で、売買契約書に貼り付ける収入印紙のことです。
契約金額で変わってきますが高くても数万円です。

・登録免許税

登記の際に発生する税金で基本的には買主にかかる税金なのですが、売主がこれを負担する場合というのはローンがあって抵当権が設定されているときと、登記簿上の住所が現住所と異なる場合です。
1000円から2000円ほどかかります。

・譲渡所得税

売却で利益が出た時にかかる税金です。
売却した翌年の確定申告で納付します。
 
 
いかがでしたか?
税金や手数料などいろいろ費用がかかってきます。ちゃんとこれらのことを考慮するようにしましょう。