物件の売買契約を結んだ後に気を付けるべきこと


みなさん、こんにちは。
今までお伝えしてきた物件を売る時に気を付けるべきことにちゃんと目を通して自分の持っている物件を売って一安心かと思いきや、実はまだ気を付けなければならないことがあります。
 
今回ですけども物件を売った後に気を付けるべきことについて書いていきます。

契約破棄するとなると費用が発生する

買主が見つかり契約するとなったら、買主から10%くらいの手付金を受け取ることができます。
しかし売り主の方から契約をキャンセルするとなったら買主に先ほどの手付金を返すだけなく、さらに同額のお金を買主に渡さなければなりません。
 
もし仮に買主の方からキャンセル依頼が来たのなら買主が払った手付金が戻らないという仕組みになっています。

買主が審査に落ちると白紙になる

不動産は高額なので普通はローンを組むのですが、ローンの性質上不動産の売買契約を結んでからじゃないとローンを組むことができません。
もし買主がローンの審査に落ちてしまったらその時点でローンは組めないので契約は白紙になってなかったことになってしまいます。
 
 
いかがでしたか?
契約結んだから安心はできません。
キャンセルになる可能性もあるのでその時はすぐに対応できるように備えておきましょう。