底地権と借地権の違いって?


こんにちは、クマシュー工務店です。
みなさんは底地権について耳にしたことはありますでしょうか?
 
底地権とは、借地権付きの土地の所有権のことを指します。
中には、底地権と借地権の2つに違いがあるのか疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれません。
 
今回は底地権と借地権の違いについて解説したいと思います。

底地権と借地権の違い


底地権と借地権の2つに共通して言えることは、両者とも土地に関わる権利ということです。
一見すると違いがあまりないようにも感じられますが、土地の使用者の権利がどこまで及ぶのかという点に違いがあります。

底地権


まず、底地権ですが、土地を所有している方が第三者に土地を貸すことで、土地代収入を得る土地所有権となります。
この場合、地主は個人利用ができません。

借地権


一方で、借地権は建物を建てるときの土地の利用権となります。
借地権を譲渡する場合は、地主さんからの承諾を得る必要があるなどの条件も含まれるので注意が必要です。
かまとめると、土地と建物の権利が別々になっているということですね。
 
 
いかがでしたか?
底地権と借地権は多くの方にとって複雑で馴染みのない用語かもしれませんが、少しでも理解を深めるお手伝いができたら幸いです。
次回は、底地の評価についてお話ししたいと思います。