底地はどのように評価されるの?|底地割合編


こんにちは、クマシュー工務店です。前回は底地がどのように評価されるのかについてご紹介しました。
今回は評価をする上で抑える必要がある底地割合についてお伝えしたいと思います。それではみてみましょう。

底地割合とは

底地割合とは、地主が借地権から得られる安定した収入を保証する権利の割合のことを指しています。
つまり借地権付きの宅地の所有権の相場に対して、地主が得ることができる経済的な価値の分配割合のことです。
 
底地の価格と借地権の価格を足したものが、土地そのものの相場価格となるので、もし時価が高い土地の場合はその分底地割合も低くなるのです。
 
例えば、中心部の商業地域の場合、借地権の価格も高くなるため底地割合も低くなります。
 
一方で、住宅地の場合は利用価値が中心部と比較すると低くなるため、底地割合は逆転して高くなります。
この底地割合は、相続税路線価額相場をみると実際の評価を反映しているケースが多いため参考にしてみると良いかもしれません。
 
 
いかがでしたか?
底地割合は底地の評価を決める上で重要な観点なので押さえておくと良いかもしれません。
次回は、底地の相続についてお伝えしたいと思います。