底地はどのように評価されるの?|底地価格編


こんにちは、クマシュー工務店です。前回は底地権と借地権にどのような違いがあるのか解説させていただきました。
今回は底地の評価がどのように決まるのかについてお伝えしたいと思います。
特に今回は底地の評価の大枠部分をお話しします。

底地の評価とは

まず、底地の評価とは一体何なのでしょうか?
これは借地権の有している方が底地を買い取る場合に決められる鑑定価格のことを指します。
 
実は底地の買取というのは非常に複雑なことで、その理由としては底地を買い取る際は、すでに借地権の有している方の建物があるためです。
 
底地の買取を行なったとしても地代を得られるだけで自由に使える訳ではないので、底地を第三者が購入することは稀なケースとなっているのです。
仮に第三者が買い取る場合、底地の価格は、底地から得られると予想される地代を元に決定されることが多いといえるでしょう。
 
また、底地の評価は更地所有権地価相場から底地割合をかけた額から値引きを行なった上で決定されます。
相場や底地割合は地域によって差があるものですが、底地の価格を決定するにはこのような地域を元にした評価と誰が買い取るかによって大きく違いがでるので注意が必要です。
 
 
いかがでしたか?
底地の性質上、評価額の決定は簡単にはできないということがご理解いただけたでしょうか。
次回は、評価を決める上で重要な概念である底地割合について見てみたいと思います。