底地の売買契約書はどうやって作るの?


こんにちは、クマシュー工務店です。
前回は底地権の相続に関して注意しておくべき点についてご紹介しました。
今回は底地の売買契約書に関してお話ししたいと思います。

底地の売買契約書

底地は皆さんもご存知の通り、不動産ではあるものの、借地権などの関係もあり性質が少し異なります。
それで多くの方が疑問に感じることとして、底地の売買契約は通常の不動産と同じなのかということではないでしょうか。
 
この疑問に対しては、基本的には通常の不動産売買契約と同じであるということがいえます。
 
しかし、底地の場合はその土地に借用人がいるという点が特殊であるため、底地を買い取る人が貸主の地位を受け継ぐという条件を含む必要があるといえるでしょう。
 
他にも底地の売買契約においては、通常の不動産契約にはない条項も含む必要があります。
例えば、土地の賃借権や地上権が特殊な条項として挙げられるでしょう。
 
 
いかがでしたか?底地の売買契約はこのように他の不動産契約では含まれない権利などもしっかりと明記する必要があるので注意しましょう。
次回も引き続き底地の売買についてお話しします。