底地のトラブルを未然に防ぐために大事なこと


底地というのは、トラブルが非常に起きやすい事例の一つです。底地には、二つの権利が存在していることで、問題が複雑化します。

それは、地主と借地人です。

借地人が持つ借地権には、土地を借りている立場でありながら絶対的な権利が保障されています。

借地人がそこの土地に住み続けたいと言えば、住み続けることができるのです。

地主がしておくべきこと

もし、地主がまとまったお金がほしい等の理由で、底地を売却したいと思っても、借地人がノーと言えば成立しません。このような状況になる前に、地主が事前にやっておくべきことは何なのでしょうか。

地主がお金を手に入れることができる方法としては、「借地人に売却する」「底地買取業者に売却する」「借地人と共同売却する」等がありますが、いずれも最善の策ではなく、妥協案になってしまいます。

話し合いには時間がかかる場合が多いので、事が起きる前に、地主は借地人とあらかじめ一定の取り決めを決めておく必要があります。

地主側の要求と借地人の意志の折り合いをつけておくことでトラブルを最小限に抑えることができます。

 

いかがでしたか。

底地というのはトラブルの起きやすい物件でありますので、余裕のある時に、話し合いを進めておくことをおすすめします。