すぐ解決!底地業者が教える!借地上建物を売却譲渡する際の注意点!


みなさん、こんにちは。
不動産整理のために借地上の建物を売却、譲渡しようと思っている方はいませんか?

そんな方のために今回は、マンション等の借地上に立っている建物を売却、譲渡する際の注意点をご紹介します。

■地主に借地権の売却、譲渡について承諾を得る

借地上の建物を売客する際に一番気を付けないといけないことは、借地を持っている地主さんに借地権の売却、譲渡についての合意を得ているかということです。

この手順を行っていないと、最悪の場合、借地権の無断譲渡になり、地主から借地契約を解除され、建物を収去し、土地を明け渡さないといけないことになってしまいます。

また、地主から承諾をもらう際に譲渡承諾料を求められることがあります。これを支払わない場合は譲渡を認めてもらえないので、譲渡承諾料を求められた場合は支払わざるを得ないと思います。

◇地主が借地権の売却譲渡を承諾しない場合

この場合には、借地非訴手続きという裁判所に異議申し立てを行うことができます。
これによって、地主の代わりに裁判所に許可を求めることができるのです。

購入後のトラブルが起こらないよう、底地について今のうちから知識をつけておきましょう!