これで安心!底地売却の業者選びのポイントとは?


借地権などの権利がついていて、ややこしくなってしまった底地。借地人との関係が悪かったり、関係者が多かったりして、業者を介する方法をご検討の方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし、土地の売却というのはあまり経験することではないので、正直不安ですよね。

ましてやマイナスのイメージのある底地なら、安く買い叩かれてしまったり、人間関係が余計にこじれてしまったりする心配があります。

そこで、今回は底地の売買で業者を選ぶ際の注意点をご紹介します。

○交渉をしっかりしてくれるか

底地で厄介なことといえば、金銭と土地に関わる問題の交渉です。

周囲との信頼に関わる部分を、簡易的な書類だけですませたり、誤解を生じさせたりする業者は選ぶべきではありません。

後々の裁判等のトラブルに繋がりかねないからです。

○実績があるか

会社のホームページがある場合は、実績や口コミをチェックしましょう。

ノルマをこなすだけの企業でないか、本当に顧客目線の取引をしているか確認しておきましょう。

○費用を開示してくれるか

契約前に料金体系を明示してくれることも大切なポイントの1つです。

見えない費用がかさんで膨大な金額を請求させるなど、不要なトラブルを回避するためです。
いかがでしたか?

以上が宅地を売却する際の、業者選びのポイントでした。
しっかりとチェックした上で、納得のいく売却をしましょう。