底地の売買はどうすれば良いの?|買取編


こんにちは、クマシュー工務店です。
前回は、底地の売買契約書をどうやって作るのか・注意するべき点についてお伝えしました。今回は、底地の買取についてお話しします。それでは見てみましょう。

もし、あなたが底地の買取を検討されている場合、借地をすでに使用していて、地主さんから底地を購入したいというケースが多いのではないかと思います。

底地権を有していないと、建物と土地の権利がバラバラになるという状況に陥るので、買取を行うことでその悩みを解消したいという方がいらっしゃるのではないでしょうか。

買取を考える上で、まず必要な情報を把握することから始めてみるとよいでしょう。

例えば、土地の登記事項証明書や地積測量図もあると底地の分析が行いやすくなります。このような法的書類を参考にしながら、底地の範囲や面積を確定します。

その後、底地の相場価格や底地を獲得することによる経済的なメリットを参照し、それらの情報を元に、地主との交渉を重ねていきましょう。

 

いかがでしたか?
このように底地の買取は様々な情報を収集し、定量的な情報を分析していく必要があることがご理解いただけたでしょうか。もしも不明点や疑問点があれば、ぜひクマシュー工務店にご相談ください。
次回は、売却についてお話しします。