底地について知っておきたい3つの権利 現実編


前回のブログでは借地権に含まれる、地上権と賃借権の強さの違いについて説明しました。

それを踏まえて現実の世界ではどうなるのか解説します。

■おさらい

地上権の方が賃借権よりも力が強いことが多いのでしたね。

■地上権にしかできないこと

地上権は物を直接支配できる物権でしたね。

そのため、地上権があれば土地上の建物の売買、建て替えや増築を自由に行えます。

■賃借権の方が強い場合

賃借権の文字を見ると分かるように、賃借権はお金を払って土地を借りる権利です。

このことから賃借権の方は土地の利用料金を払うことが必須のように思えます。(実際は地上権の場合でも殆ど地代の支払いが発生します。)

■現実社会において

このように地上権の方が土地を借りる人の権利がかなり強くなっていることから、建物つきの土地に関しては、賃借権が適用されることが殆どのようです。

つまり賃借権は建物に、地上権はそれ以外の工作物に適応されているのが現状です。

二つの権利が相関関係のように成り立っているので、これは想像しやすいですね。

■まとめ

いかがでしたか。

権利関係の単語は耳慣れない言葉が多く尻込みすることもあるかとは思いますが、しっかりリサーチして必要な時にわかるようにしてくださいね。